Orange Wing:巨大なウィングの暴走族スタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Orange Wing:巨大なウィングの暴走族スタイル

orangewing_1.jpg

Builder: Lime

 あの車がさらにパワーアップして帰ってきました。オレンジ色の巨大な羽と、長く伸びたマフラーパイプが、暴走族スタイルの迫力を私たちに伝えてきます。



 この車は去年のHot Minifig Ridesにてベスト暴走族アワードを獲得した街道レーサーです。細部の作り込みの良さを評価してトロフィーを与えた車が、次なる進化のステップに進みました。よりアグレッシブで極端な改造パーツが取り付けられ、誰の目からも伝統的な形の暴走族に見える車へと変身したのです。早速このすばらしい車の細部をご紹介します。

orangewing_2.jpg

 彼が作る車はどれもアブノーマルな組み方が使われていますが、この車のスラントしたボンネットなどは一つ目の普通ではないところでしょう。ボンネットを傾けた際に生じる横の隙間は、ウェッジプレートで上手く塞いでいます。レールプレートとのつながりも自然な、エッジのあるオーバーフェンダーとなっています。ロングノーズ風に奥まったヘッドライトは、裏返した2x4プレートの裏面に挟んであります。そして出っ歯と呼ばれる長いフロントスポイラーも当然装着されます。リアの大きなウィングとバランスを取るためには必須のパーツでしょう。そしてボンネットからは斜めに2本の竹ヤリマフラーが飛び出しています。

orangewing_3.jpg

 この部品をまさか4幅車に使おうという発想はなかなか出てこないでしょう。カーブした巨大なウィングは、たったの1パーツでこの車の何もかもを説明してくれています。なぜならこんな馬鹿げたパーツが付いているのは暴走族以外にありえないからです。

orangewing_4.jpg

 パーツが色々な方向に向いているため裏面も複雑です。サイドに取り付けているウェッジプレートはブラケットを使っているためボディとは少し隙間ができています。隙間が気になるビルダーも多いと思いますが、オーバーフェンダーに隙間があることこそ、暴走族スタイルであるという見方もできるのではないでしょうか。キャンバーはT字バーを使用し、ペグ穴ホイールを取り付けています。タイヤは裏返して履かせてありますが、側面が引っ張りタイヤ風に見えるようにするためと思われます。

orangewing_5.jpg

 床を抜いていますが、このようにミニフィグは仰向けに乗せられています。旧車屋根を使っても真っ直ぐには収められなかったようですね。それだけルーフの低い車ということです。
 暴走族スタイルの魅力はとにかく派手というところにあります。今年は早くもすばらしい車を見ることができたので、HMRが楽しみですね。なお、現実の暴走族が問題になっているのは私も重々承知していますが、レゴで作るだけならどんな車だろうが違反にはなりません。安心してレゴの暴走族スタイルをお楽しみください。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/975-f7318102