Rough Muscle:マッスルリベンジ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Rough Muscle:マッスルリベンジ

roughgriffin_1.jpg

Rough Griffin

 最近の4幅車シーンではマッスルのイメージを取り入れたものが多く見られるようになりました。この車はそんな今の環境の中での再チャレンジの1台となります。



 この車の前段階に当たるのが、2016年に記事にした車、Purple Blockです。該当の車については過去の記事を参照してください。
 この紫色のマッスルカーを作った当時は、4幅車でマッスルカーに挑戦している例はまだあまりありませんでした。今回のRough Griffinは前回の車の全体のバランスを見直したバージョンとなります。

roughgriffin_2.jpg

 ボディカラーは前回同様にモパーマッスルな雰囲気を狙う意図として、ライムを選択しました。そしてボンネットからルーフまで黒にする塗り分けは前回と同じです。ボディの相違点を上げると、まず寸詰まりに見えたテールを1ボッチ延長しました。それに合わせてキャビンの位置を半ポッチ後ろにずらしました。

roughgriffin_3.jpg

 またホイールチョイスをより現代的な11mm径にしました。フロントは黒のレーサー5スポークで、リアは黒の4スポークワイドです。リアはスリックタイヤをダブルで履かせています。フロントはバンパー下回りの組み方の都合により、かなりドロップした位置にセットしました。これによりかなりケツ上がりな姿勢になりました。

roughgriffin_4.jpg

 前回と大きく異なるポイントはフロントフェイスにもあります。ダブルライトを作りたくて、双眼鏡を中に突っ込みました。ただ両サイドにタイルを貼り付けるとなると、通常のポッチの位置に双眼鏡を置くことができないため、固定方法にかなり悩みました。プレートの裏面に双眼鏡がハメられるというアドバイスを受けて、ボンネット裏に固定することで決着しました。ちょっと寄り目ですが、今のテクニックではこれが限界です。
 パープル、ライムと作ってきたので次はオレンジあたりで別の車を作ってみたいですね。この作り方だとタイルとカーブスロープが少々あれば色々なカラバリが可能になるので、鮮やかなマッスルカーを作りたいです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/979-bda38e82