Install DUB:20mm径ホイールのセットアップ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Install DUB:20mm径ホイールのセットアップ

installdub_1.jpg

Builder: Lime

 最近はレゴの車もホイールの大径化が進んでいます。4幅車で大径リムをセットするにはどうすればいいのでしょうか。



 その解答を示しているのが彼の車です。昔ながらの4幅車だとフェンダーは2ポッチの幅しかなかったので、セットするホイールは8mm径でした。レーサー5スポーク登場後は11mm径に大きくなりましたが、ホイールのインパクトを前面に押し出すにはさらなる大径化を求めてしまうものです。彼が以前から提唱しているのはスピードチャンピオンズのフェンダーを使うという方法です。シティフェンダー以上に大型なこのフェンダーは4幅車に組み込むには少し大きめといえますが、片側2ポッチ幅なので不可能ではありません。上手く組み込むことができれば、フェンダーアーチの中にはかなり大きなリムをセットすることができます。

installdub_2.jpg

 すでにスピチャンフェンダーを使った車を何台も手掛けているビルダーの手にかかれば、こんなに美しいスタイルのオープンスポーツカーを作り出すこともできます。どうしてもボディが分厚くなってしまうので、先の尖ったデザインは苦手なパーツのはずですが、フロントにタイルを斜めに取り付けることできれいにラインをつないでいます。またサイド部分もウェストラインを低くして、ボディのボリュームを落としています。フロントガラスは斜めに取り付けることで傾斜の緩いスポーティなウィンドウになっています。スロープを使ったボディとの合わせ方もきれいです。そしてインストールされているホイールは、スピチャンのメッシュのディスクを使ったものです。実はリム部分にはミニフィグが持つための盾パーツが使われています。真ん中にポッチが付いているので、スピチャンのディスクもすんなり装着することができます。通常のスピチャンホイールは18mm径となりますが、この盾を使った場合リムサイズは20mm程度になると思われます。まさにDUBなホイールです。

installdub_3.jpg

 ボディは黒一色で、ダークタンの内装色が非常に良い雰囲気です。シルバーのメッシュホイールとの組み合わせによってかなりラグジュアリーなイメージのカスタムとなっています。またフェンダー以外は最低限のパーツのみで組まれており、ボディサイズを抑えつつもクールなデザインに仕立て上げるビルダーのテクニックに唸ってしまいます。

installdub_4.jpg

 タイヤは当然のごとく裏返しするテクが使われています。リムとなっている盾はミニフィグ用の持ち手があるので、ダークグレーのクリップで掴んでキャンバーのついた角度で保持しているようです。タイヤの内側にも小さいタイヤが巻かれているようですね。垂れポッチやブラケットなど、足回りの組み方はなかなか生み出すのが難しい場所です。ありがたく参考にさせていただきます。
 スピードチャンピオンズは新型のパーツもいち早く手に入るセットとして、4幅車ビルダーには好評なようです。大きなフェンダーを活かしたゴージャスな車作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/982-351872ed